心も身体もリセット!伊豆高原【やすらぎの里】で1週間の断食リトリート〜食事編〜

こちら👇の記事に関連して。

断食体験をした「やすらぎの里」の食事があまりにも素敵だったのでまとめて紹介したいと思います。

1週間の断食メニュー

まずは6泊7日の1週間のメニューです。 はじめ3日間は固形物のないいわゆる「断食」、残りの4日間は徐々に通常の食事に戻していく「回復食」になります。

断食 味噌汁
人参と生姜のスムージー 豆乳入り味噌汁
グリーンスムージー 季節野菜のすりながし味噌汁
回復 回復大根 人参シャーベット 雑穀入り玄米がゆ 梅干し 豆腐の味噌汁
玄米リゾット キャベツと油揚げの煮浸し 豆乳ヨーグルト 玄米おむすび 大根の味噌汁 梅干し、車麩の煮物、冷奴
うどん 自然食のコース料理
酵素玄米と鯵の干物がついたお食事

また、食事とは別に朝の日替わりドリンクが出てきます。

手作り酵素ジュースなど珍しくて甘くて美味し〜い飲み物が断食中の何よりの楽しみとなりました。

1週間のメニューはこちら。

それでは早速、怒涛の写真たちをご覧ください!

日曜日

夕食

味噌汁

ドリンク

柿の酵素ジュース

月曜日

ドリンク

生姜紅茶

朝食

人参と生姜のスムージー

夕食

豆乳入り味噌汁

火曜日

ドリンク

豆乳甘酒

朝食

グリーンスムージー

夕食

季節野菜のすりながし味噌汁

ここまでが断食です!次は回復食に入ります。どんどん豪華になっていきますよ〜!

水曜日

ドリンク

ピオーネ酵素ジュース

朝食

回復大根
回復大根の食べ方

久々の固形物!噛めるって幸せ・・・✨
調味料、とくに醤油麹がものすごく美味しかったです。

夕食

雑穀入り玄米粥

久々のお米です。穀物の美味しいことといったら・・・(泣)

木曜日

ドリンク

オリゴ糖ドリンク

朝食

玄米リゾット、キャベツと油揚げの煮浸し、豆乳ヨーグルト

夕食

玄米おにぎり、大根の味噌汁、冷奴、車麩の煮物、梅干し

この玄米おにぎりがもっちもちでホントに美味しいんです。
餅米は入っていないのにこんなにモチモチなのは、圧力鍋で炊くことで玄米の殻がはじけるからなんだそう。
使っているのはヘイワの圧力鍋だとか・・・。欲しくなってしまう。

また、冷奴には醤油がかかっていません!
テーブルに醤油があるわけでもなく、素材の味を味わう仕様のようです。
固めの木綿で大豆の甘みを感じました。いいお豆腐なら醤油なしでもいけるのか・・・。

金曜日

ドリンク

もろみ酢ドリンク

朝食

うどん

野菜たっぷり。参加者の中にはグルテンフリーを実行している方がいて、お蕎麦に変えてもらっているようでした。お蕎麦もいいな〜。

夕食

前菜の人参ラペ、ホウレン草の菊花ロール、温泉蒸し野菜
メイン
デザートの豆乳ブラマンジェとタンポポコーヒー

自然食のコース料理です!
テーブルセッティングもバッチリ。
コース料理とはいえ、始めの3皿は全て野菜という野菜が主体の料理でした。
肉も蒸した金目鯛の一切れのみ。割合的には野菜:肉:ご飯=5:1:2くらいでしょうか。
さすが食養生のやすらぎの里。家でも真似出来るかな?

土曜日

朝食

酵素玄米と鯵の干物のついた食事

この日の玄米もモチモチで美味しい!
酵素玄米(別名:寝かせ玄米)」といって、水につけて発芽させ、さらに炊いた後も数日熟成させるという大変手間暇かかるもの。
普通の玄米より消化が良く腸をきれいにする働きが期待できるそうです。忘れられない美味しさでした・・・

お土産のケーキ

最後に厨房のおかみさんから参加者全員へお土産のケーキが配られました。
砂糖は入っておらずドライフルーツのみで、とっても優しい甘みにほっこり。

左上に映っているのはクズ野菜とお米でつくられたおかゆパン。これを作るようになってから食品の廃棄量が減ったんだとか。
パンとはまた違った噛み心地でした。

昼ごはんがない理由

やすらぎの里では朝食が10時と遅めの代わりに、昼ごはんが存在しません。

現代人は食べ過ぎ」とはよく言われることですが、ヨガの考え方では、朝は「排泄の時間」のため朝食を摂らないのがスタンダードだそうです。

やすらぎの里でも、身体を軽くするために1日2食として、朝のドリンクなどでちょっと補うというスタイルを取っているとのことでした。

(姉妹館では昼食ありのコースもあるようです)

おまけ

食堂にはその日出されたメニューや酵素ジュース、その他手作りされているもののレシピが惜しげもなく公開されていました。

レシピをもとに、家でもやすらぎメニューを再現できるかな?

ちなみに私が最も胸キュンしたレシピはこちらです。

温泉の脱衣所にあったアロマたち!

ネロリのローション、頭皮スプレー、保湿ジェル、美肌ジェル、そして手作り石鹸。

これは乙女ゴコロを鷲掴みです(男性用浴室にはないらしい)。

スタッフの方、最高です!ありがとうございます!!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。
それではまた!!

スポンサーリンク
おすすめの記事