こたつで寝ると風邪を引くのは本当か?睡眠の質は?

寒い季節、こたつでぬくぬくするのは至福のひとときですよね。

こたつに入っていつのまにか寝てしまった、という人はたくさんいるのではないでしょうか。

そんな時決まって言われるセリフが「こたつで寝たら風邪をひくよ!」です。

この半ば呪文のように言われているセリフが果たして真実なのか・・・?

こたつで寝た時の睡眠の質がどうなるのか見ていきたいと思います。

こたつで寝てしまった後の体調は?

以下は最近こたつで寝てしまったという人の証言です。

狐くん
こたつで寝た瞬間って覚えてないんだよね。布団と違って急に気を失うみたいになっちゃうんだけど…
狼さん
こたつで寝るとなぜか寒くなって目が覚めちゃうんだよなあ
兎さん
こたつで寝たあとって気分最悪!寝る前より疲れてる気がするんだよね。

・・・というように、どれもあまりポジティブなものではありません。狐くんにいたっては気絶しているのではないかと心配になってしまいます。

とあるTV番組で「お風呂で寝るのは実は寝ているのではなく気絶している」という特集がありましたが、それと同じことが起きているのでしょうか・・・?

こたつで寝たときに体に起こっていること

では、こたつで寝ている時に体はどのような状態になっているか見てみましょう。

①上半身と下半身の体温ギャップ

体は普通、体温調節機能によって体温が37度前後に保たれています。

体温調節機能は脳(視床下部)にあります。

体温が上がると脳が司令を出して血管や筋肉をゆるめたり汗をかいたりして熱を外に逃がします。

反対に体温が下がると血管・筋肉を収縮して熱を内にとどめようとします。

ですが、こたつによって上半身は寒く、下半身は温かい状態になると脳はどう判断するでしょうか。

上半身と下半身で体温にギャップがあることで脳は混乱します。

下半身は通常の体温より高くなっているので、結果的には汗をかいて体温を下げるよう調節されますが、もともと外に出ている上半身はますます冷えてしまいます。

なので狼さん証言のように寒くて目が覚めるというようなことが起こるんですね。

そもそも、眠っている状態では副交感神経が優位に働き、体温は下がる傾向にあるのですが、そこで下半身だけジリジリ温められるのですから、身体は真に休まりません。

自律神経に負担をかけている状態といえます。

②寝汗によるプチ脱水

また、こたつで寝ていると汗をかきます。普通に布団で寝ている時とは違い、電気の熱を体に当てているので、当たっている部分は体温より高い温度になり、発汗量も多くなります。

寝ていると当然水分補給が出来ないですから、体の脱水状態が進むわけです。

寒い季節は乾燥しやすいので、体の中と外とで乾燥が進み、風邪をひきやすくなると言えます。

「半身浴」と「こたつ」の違いは?

ちなみに「半身浴」もこたつ同様、下半身のみを温めますが、半身浴は健康によい認識があるのではないでしょうか。

半身浴とこたつの違う点は、体温のギャップを出来るだけ抑えるようにしているかどうかです。

半身浴の場合は上半身を冷やさないよう服を着たり首にタオルを巻くなどのやり方が周知されています。

そしてもう1つ大きな違いは、半身浴をする場合も汗をかくので脱水症状になり得ますので水分補給はこまめに行う必要がありますが、正しく水分補給ができればこたつのように寝ている間に脱水状態ということにはなりません。

「体温差」と「寝てる間に脱水状態」、これが大きな違いといえます。

③寝返りが打てない

もう1つ、質の良い睡眠を大きく妨げる原因となるのが寝返りを打てないことです。

寝返りは無意識の状態で体が行うストレッチともいえます。

起きている時に生じた体の歪みを整える効果があるため、寝返りを制限するとかえって心身に疲労が溜まります。

一般家庭のこたつは入りながら寝転ぶと、どうしてもこたつの脚や電気ヒーターにあたって寝返りが出来ないどころか、横向きにもなれない場合もあります。

この状態で眠るというのは、かえって身体の負担になると言えます。

まとめ

結論:こたつで寝ると睡眠の質は下がる

  • 上半身と下半身の体温ギャップにより

    (1)体温調節が適切に行われず、余計に体が冷える
    (2)こたつの熱が自律神経を乱し、眠りによる身体の休息を妨げる
  • 寝汗による身体の脱水症状が、寒い季節の乾燥と重なり風邪をひきやすくする
  • 寝返りが打てないことで無意識のうちに体に我慢を強いる

最後に

今回の記事では、こたつを悪者のように言ってしまいましたが、こたつが家族のだんらんを彩る冬の素晴らしいアイテムであることに変わりはありません。

こたつの魔力を知った上で、こたつを上手に使い、あたたかな冬をお過ごしください!

スポンサーリンク
おすすめの記事